釣りきちスナフキンのシーバスタックル

WORLD SHAULA2831R-2 シーバス
スポンサーリンク

皆さま、こんにちは!

釣りきちスナフキンです。

厳冬期である睦月、なかなか釣果が上がらないですよね。

私はというと。。。まだゼロです(泣)

本日の内容はシーバス調査ではなく、釣りきちスナフキンのシーバスタックルについてです。

シーバス調査の記事の中でもタックルを紹介しておりますが、ここではより掘り下げ書いていきます。

釣りきちスナフキンのシーバスタックル

ロッドSHIMANO WORLD SHAULA 2831R-2

リールSHIMANO EXSENCE CI4 C3000M(師匠に頂いた宝物)

PEラインSHIMANO PEライン パワープロ Z 150m 0.8号 モスグリーン

リーダーサンヨーナイロン APPLAUD SALT MAX SHOCK LEADER 30m 12lb

スナップOWNER クイックスナップ 1号

使用ルアー一つのルアーメーカーでほぼ統一されている(約90%)

ロッドSHIMANO WORLD SHAULA 2831R-2

WORLD SHAULA2831R-2

このワーシャ2831(WORLD SHAULA 2831R-2)を購入するきっかけになったのが100%師匠の影響と断言できる。

いや、師匠からマインドコントロールを受けてたのかもしれない(笑)

当時の僕は、DAIWA LIBERTY CLUB SEABASS 86Lを使用していた。

購入の決め手はとてもシンプルで、低価格とそこそこのレビュー。

ただひとつこだわったことは、L番手(ライトアクション)の柔らかめのロッド。

バッキバキの棒みたいなロッドで釣りはしたくない(笑)

もちろんびっくらベイト(ビッグベイト)を投げるなら話は別だが。。。

こちらは特殊能力がないと無理(笑)

一度師匠のビッグベイトタックルを持たせてもらったが、あまりの重さにとても投げれる気がしなかった(笑)

それを軽く投げる師匠。

ビューン、バッシャーン、スーイスイ、ドーン(笑)

ランカーシーバスである(笑)

さて、初代シーバスロッドのDAIWA LIBERTY CLUB SEABASS 86Lだが、初心者には申し分のないロッドだと思う。

実際にはランカー一歩手間のシーバスもこのロッドであげている。

当時もショックリーダーは別メーカーの12lbライン。

ドラグがジージー鳴りっぱなし(笑)。

ラインブレイクを気にしながらドラグ調整を繰り返しラインを出して魚をいなす。

すごい勢いで曲がるロッド、そしてティップは水の中(笑)

これにはさすがに焦る(笑)

結果的にこのランカー一歩手前シーバスを仕留めたが、そのやりとりは大変であった(笑)

さて、このロッドのレビューであるが、低価格帯入門機としては全く不満はない。

それでも慣れてくるとキャストアキュラシー(精度)に不満が出てくるのは事実。

しかしながら総合的によくできたロッドだと思う。

だがしかし、他のロッドを知ってしまい比較対象が出来てしまうとこの評価が変わってくる。

もちろん価格帯が違えば比べること自体に無理があるし意味もない。

さて、その比較対象となったロッドが、ワーシャ2832(WORLD SHAULA 2832RS-2)である(笑)

師匠とのシーバス調査 ワーシャ2831(WORLD SHAULA 2831R-2)が欲しい

ふと師匠が「使ってみる?」と言いながらワーシャ2832を手渡してきた。

今思い返せば、すべてはここから仕組まれていたのかもしれない(笑)

恐る恐るワーシャ2832を手にする釣りきちスナフキン。

高級ロッドと18ステラにビビって本気でキャストができないものの、その軽さと別次元の凄さはへなちょこスナフキンにも分かった。

キャスト時に全くブレがないことでアキュラシー(精度)が非常に高く、ほとんど狙い通りの場所にルアーをコントロールでき、大きめのガイドが搭載されていることもあるのかラインがスムーズに出ていくのも印象的。

またハイエンドモデルのリールも相まって飛距離はとてつもなく凄かった(笑)

自分のスキルが数段上がったと錯覚するレベルである。

そしてまた自分のタックルで釣りを再開。。。

あとはご想像にお任せしよう(笑)

そして最後に一言、「どうせ買うならハイエンドがいいよ。無駄遣いしないで済むから。。。」

たしかにその通り!

上手な人の言葉には重みがある。

こうなるともう誰にも止められない(笑)

買うなら絶対にワーシャ2831(WORLD SHAULA 2831R-2)。

これ以外考えられなかった。

しかしワーシャ2831はどこも売り切れ中。

待てど暮らせど入荷なしの日々が続いた。。。がある時、師匠からワーシャ2831の入荷情報が入った。

やっぱり回し者?(笑)

すぐさまサイトをチェックして、ポチッ。

ワーシャ2831(WORLD SHAULA 2831R-2)、お買い上げである(笑)

ワーシャ2831の初釣行はちょいビビり気味のへなちょこキャストだったが、師匠のレクチャーもあり今ではそれなりに使いこなしている。

っていうか師匠が2831を振ってみたいというのでお貸ししたらビュンビュンと振って

、「いいね~」と一言。

上手い人は何を使っても上手いみたいである(笑)

ワーシャ2831は空気抵抗の強い20gクラスのルアーになると飛距離に問題はないが、どうしてもキャストアキュラシー(精度)が落ちてしまう。

中距離以上での精度を求めるのであれば、やはりML番手、つまりワーシャ2832がおすすめ。

ただ軽めのルアーであればロッドの反発で軽く飛んでいくし、魚を掛けたときの気持ちよさは最高である。

またトップウォーターのドッグウォークがとてつもなくやりやすい。

あまりの気持ちよさにひたすらドッグウォークでじゃぼじゃぼ(笑)

それでシーバスが反応するからまた楽しい(笑)

ワーシャ2831、サイコー!

釣りきちスナフキンのシーバスタックル ロッド編でした。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました