黒鯛調査 2022/04/26 雨が降る前に

ヘチ釣り
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

最近投稿ペースが落ちてきている釣りきちスナフキンです🤔

その理由は調査に出ても黒鯛ちゃんに会えないからです😅

ということは今日は。。。

はい、🐟黒鯛ちゃん🐟に会うことが出来ました😁😊

前回の投稿

前回の黒鯛調査は収穫なし😔

黒鯛調査 2022/04/18 タナでのアタリが増えてきた
タナでのアタリが増えれば黒鯛の活性は確実に上がっている。ラインが左右に動くアタリ、ラインが走るアタリも続出。焦らずにしっかりとアワセてフィッキングに持ち込みたい。ベテランヘチ師は取りこぼしが少ない。

2022年4月26日調査コンディション

天気くもり

風:南3m→南南西5m

潮回り:若潮

釣り始めタイド:干潮からのスタート

釣りきちスナフキンのタックル

ロッドマッチョV(DAIWA ブラックジャック スナイパーヘチ XH-270MK·V)

リール宇崎日新 インヴィクタ 黒鯛85 マットブラック

道糸サンライン 黒鯛ISM 落とし込み MARK-WIN100m2号

ハリスサンヨーナイロン APPLARD ナノダックスリーダー50m 7lb/1.2号

がまかつ 掛かりすぎチヌ 2号

エサミジガイ稚貝団子

2022年4月26日調査スタート

雨が降る前にサクッと黒鯛調査🎣🐟

予想通り先行者なし。

くもり、風、若干の濁りもあり黒鯛調査には最高のコンディション😊

潮はあまり効いていない様子だが風があるのでガン玉3Bをチョイス。

もちろんエサは安定のミジ稚貝爆弾(笑)

集中力全開🤔で仕掛けを落とし込むスナフキン。

これも偏にヨーガのおかげ🤔

すると早速、超浅棚でラインストップアタリ😮

これはいい感じ、サイズが期待できそうだ🤔

黒鯛ちゃんとの攻防戦。

師匠直伝のやり取りで主導権を掴むスナフキン。

黒鯛ちゃんもまた激しく抵抗する。

焦る必要はないし、ラインを切られない自信もある。

呼吸と動作の連動、まさにヨーガ。

黒鯛ちゃんの動きが手にとるように分かる。

へへ🐟😊

そしてキャッチ🐟

居付きの年無しさん🤔

とりあえず師匠にLINE(笑)

そして調査再開🎣

風が強まり雲行きがあやしくなってきた。

想定内だがちょっと嫌な気分(笑)

するとまた浅棚でのラインストップアタリ😮

あまりサイズはなさそうだが超元気な黒鯛ちゃん🐟

バシャバシャ🐟 バシャバシャ🐟

これだから黒鯛調査は止められない😍

そしてキャーッチ🎣🐟😁

超お転婆な黒鯛ちゃん

ここで止められばいいものの欲をかき3枚目を狙うスナフキン😁

その後黒鯛ちゃんには会えずに小雨に降られ終了😔😫

ポイントのベストタイドと黒鯛の傾向

師匠と黒鯛調査のデータを収集して黒鯛の習性などを論議しているスナフキン。

論議といっても特に堅苦しいものではないがとても真剣。

師匠の言うようにこのポイントでは上げ潮のほうが黒鯛さんに会える確率が高い。

特に潮の動きが小さい、若潮、長潮、小潮に関しては、間違いなく上げ潮のほうが結果がいい。

絶対ではないがデータが物語っている。

また潮の動きが小さい時は時合の回数も少なく、短い傾向がある。

これに関してもあくまでも私個人が感じるレベルである。

おそらくだが、汽水域で釣果は塩分濃度に大きく左右されるような気がしてならない。

というのも、中潮、大潮の場合は潮が走っていて通しがいい。この場合は塩分濃度が高い状態が続くので黒鯛の個体数が大幅に増え、活性が上がっているような気がする。

逆に潮の動きが小さい時はの下げ潮では塩分濃度が下がり過ぎ居心地の悪い黒鯛はより塩分濃度の高い場所へと落ちていくと考えている。

もちろんすべてのポイントで同じことが言えるわけではないし、季節が変わり、年が変われば、また違った傾向になるかもしれない。

このようにデータを取ることによって、釣りがより楽しくなり、また時合に遭遇する確率が高くなる可能性を秘めている。

是非、皆さんもデータを収集してみて下さい。

ではまた!😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました